私は昔、本と絵が大好きな少女でした。

なぜこんなことを思い出したかというと…

『メアリと魔女の花』

昨年7月に公開されたスタジオポノック(ジブリではないのですね…)の映画です。私はこのタイトルを聞いたとき、もしや、と思いました。そしてやはり予感は的中。この映画は、かつて私が好きだった本『小さな魔法のほうき』が原作だったのです。あの頃の自分が蘇ってきました。改めて読もうとしましたが、この本はもう売っていなかった。(新訳版はありましたが、あのときの絵と訳で読みたい!)

で、図書館に行って借りてきました。

メアリの冒険にどきどきはらはら!一気に読み終えました。

…思えばあの頃の私は毎日昼休みに学校の図書館に通い、本を読むことが大好きでした。そして貸し出し用のカードが増えるのを密かに喜んでいました。それこそ友達と張り合いながら?本を借りていたなあ。

 

映画が公開されたことで、この本とともに昔の自分を思い出すことができました。と同時に本に関係するものを作りたいなあ、なんて思っちゃいました。そう、ブックカバーとブックバッグ(図書袋?)なんてね。

(2月12日、文章を変えました。)


PR

Calendar

S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>

時計

ブログ村に参加しています

楽天ストア、愛用中です!

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Comment

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM